インレイシート検査機(プレラミテスター)

インレイシート検査機(プレラミテスター)

プレラミシートに面付けされたインレイの通信検査を実現

ISO/IEC14443 TypeA/B、Mifare、FeliCaなど様々なインレイシートの通信検査が可能です。
シート上のインレイを一括で通信検査するため作業現場に於いて、大幅な時間短縮を実現します。
オプションで非接触ICへ書込みするICエンコードも追加可能です。(※要 打合せ)
専用の検査ソフトで作業性、高速性の向上を目指しながらもミスなく作業することができます。

  ※ 写真は構成の一例ですが、面数レイアウトや処理内容等はカスタマイズ対応可能です。

特長

システムの特長

検査画面

予め作成したシナリオを選択、検査実行ボタンを押すだけで検査が終了。
検査不良箇所は赤色で表示され、検査ログにも面付けポジションを記録。

ログ出力

ログはシート単位、IC単位で記録され、不具合の原因調査にも役立ちます。
検査リトライ回数も記録され、画面表示されます。

必要な箇所だけ検査

全ポジションの検査だけでなく、特定箇所のみ検査したい場合でも、
設定すれば各ポジションの検査「有り/無し」を選択設定可能。

リーダライタの検査方法

電波干渉で一括検査ができない場合はポジション別に複数回に分けて検査させることもできます。

装置の特長

設定・調整

インレイシートは可変の位置決めガイドにより微調整できます。 また、リーダーライターとインレイシート間の距離も最大で100㎜までの調整が可能です。
一括で読み書きできる為、速度重視と操作の簡便性が特長です。

仕様

仕様  
検査方式 非接触ICリーダーライターによる通信検査
検査内容 UID又はIDmの読取検査、及びICエンコード
ワークサイズ 最大シートサイズ : 650㎜ × 450㎜ ※インレイシートのレイアウトは要打合せ
電源 AC100V 3口
付属物 専用PC、通信ケーブル、電源ユニット、インストール CD(Windows10)
寸法、重量 1000~1400(W)× 400~700(D)× 150~200(H) mm 突起含まず / 約30kg程度
(※仕様に寄ります)


※本機では共振周波数検査はできません。ICエンコードについては別途お打合せが必要です。
※検査時間は、検査設定内容、検査対象シートの特性等に依存します。
※「FeliCa」はソニー株式会社、「Mifare」はNXP Semiconductors社の登録商標です。
※デザイン・仕様は、予告なしに変更される場合があります。