製品情報

T9000 UHFタグテスター [UHF帯RFIDタグ検査機]

特長

  • 周波数800MHz~1000MHzの間でパワーをステップさせながらUHFタグと通信し、UHF帯タグの通信性能をプロットし評価出来ます
  • 検査したいポイントを任意に複数箇所設定、設定したポイントにて[PASS/FAIL]判定を行います オプションのDIOインターフェイスで量産装置(PLC)からの制御も可能です
  • 予め正常タグ検査を行ったデータを保管しておき、その後に対象タグの良否判定をすることが出来ます
※ 専用のソフトウェアが付属、これらの測定シナリオの設定や結果の画面表示等が出来ます
※ 検査ログも保存可能です
※ 接点入出力(DIO)タイプもあります
仕様
通信プロトコル
EPC Class1 Gen2
変調方式
Interrogator.100% ASK,Tag:FM0
検査項目
通信PASS/FAILL
設定項目
シナリオ、キャリア周波数、送信パワー
周波数設定範囲
800MHz~1000MHz
送信パワー(@50Ω負荷)
-15 ~ +15dbm (0.25dBmステップ)
検査時間
EPC読取検査時100msec以下 注1)
ログ
検査時刻、PASS/FAIL、受信データ
電源
USBバスパワー
注1)検査時間はご使用のPCや本機の検査設定内容、検査対象の特性等に依存します
※デザイン・仕様は、予告なしに変更される場合があります。